がん医療の向上と、がんになっても安心して暮らせる社会の構築に寄与することを目的とする、がん患者団体の連合体組織です。

一般社団法人全国がん患者団体連合会の加盟団体一覧

  • HOME »
  • »
  • 一般社団法人全国がん患者団体連合会の加盟団体一覧

一般社団法人全国がん患者団体連合会 加盟団体(正会員)一覧
(団体名50音順/2017年2月18
日現在/35団体)

  • 一般社団法人 CSRプロジェクト [ホームページ]
    (代表理事 桜井なおみ)
    働く世代のがん体験者、家族が遭遇する「心、身体、社会・経済」の痛みを緩和するために、電話相談や夜のラウンジ、相談員の育成、暮らしのシンポジウムなどを運営しています。
  • NPO法人 腺友倶楽部[ホームページ]
    (理事長 武内務)
    前立腺がん患者・家族に対して、正しい知識の提供と相談・支援活動を行うと共に、前立腺がんの社会的認知度の向上及び医療環境の改善に寄与することを目的として活動を行っています。
  • 特定非営利活動法人 HOPEプロジェクト [ホームページ]
    (理事長 桜井なおみ)
    日本でのサバイバーシップの普及をめざし、能動的な患者となり、患者・家族に関わる様々な「患者社会学」について調査、社会発信を続け、もって「生きづらさ」の解消を目指します。
  • 秋田婦人科がんセルフヘルプグループ SNOW WHITE [ホームページ]
    (代表 山田妙子)
    秋田で婦人科がん患者さんの悩みな相談したい事を話しあう「おしゃべり会」を開催しています。
  • 特定非営利活動法人 いきいき和歌山がんサポート [ホームページ]
    (理事長 谷野裕一)
    平成22年8月に和歌山の患者、医療者、議員、市民が集まってNPO法人を立ち上げました。がんになってもいきいき生活できるように、医療を、社会を変えていこう、がんを取り巻く環境のいろんな問題を解決していこうという意味を込めてこの名前にしました。
  • 特定非営利活動法人 愛媛がんサポートおれんじの会 [ホームページ]
    (理事長 松本陽子)
    すべての部位のがん患者と家族、そして大切な方を見送った経験者の会です。「ひとりじゃない」を合言葉に活動を続けています。また、行政や医療者と協働し、地元でのがん対策に取り組んでいます。
  • 一般社団法人 沖縄県がん患者会連合会
    (会長 田名勉)
    患者・家族の日常生活の支援に向けた事業の取り組みのため、年間を通じてのピアサポート活動をとおした相談事業、拠点病院がない県内町村や離島でのフォーラムやサロンの開催、情報提供や各地域患者会の活性化を目指すための患者交流事業を行っています。
  • 神奈川県立がんセンター患者会「コスモス」 [ホームページ]
    (代表 緒方真子)
    患者会コスモスは、がんに罹っても自分らしく生きることができるように、共に支え合って歩んで行くことを目的に、すべてのがん患者及びその家族(遺族)に開かれた患者会です。
  • 特定非営利活動法人 がんサポートかごしま [ホームページ]
    (理事長 三好綾)
    「がんになっても少しでも希望がもてるように」「自分らしく生きること、生ききることができるように」活動しています。がん患者サロン運営や子どもたちを対象にした「いのちの授業」等を実施している団体です。
  • がん体験者の会とま~れ [ホームページ]
    (代表 佐々木佐久子)
    広島市で活動しているすべてのがん種の患者さんとご家族のための小さながん患者会です。月に一度の例会では、勉強会や音楽会・食事会などで楽しく学びながら不安や悩みなどを語り合っています。
  • 特定非営利活動法人 がんと共に生きる会 [ホームページ]
    (理事長 佐藤愛子)
    「よりよい治療を住み慣れた地域でも」「がん患者のライフスタイルに沿った支援」「愛する人を遺族にしないために」。元気な日を一日でも長くするための医療環境の普及と患者支援を目指して活動しています。
  • 特定非営利活動法人 がんピアネットふくしま [ホームページ]
    (理事長 鈴木牧子)
    福島県内のがん患者会並びに関連団体の連絡協議会という役割を担い設立しました。それぞれの会や団体の枠をこえたネットワークにより、ピアサポート事業などさまざまな活動に取り組んでまいります。
  • 特定非営利活動法人 がんフォーラム山梨 [ホームページ]
    (理事長 若尾直子)
    2006年より活動を開始し、2012年法人化。どこに住んでいても、どんな状況でも、その人が望む最適・最善のがん医療が受けられる山梨にすることを目的として政策提言等を行っています。
  • がんを考える「ひいらぎの会」 [ホームページ]
    (代表世話人 鈴木牧子)
    がんを考えるひいらぎの会は、1994年、がん患者と家族への寄り添いを目的に福島市で誕生しました。大震災を経て、福島県でのピアサポートサロン開設等、定期的な活動を行っています。患者中心のチーム医療実現を心より願っております。
  • 特定非営利活動法人 希望の会 [ホームページ]
    (理事長 轟浩美)
    スキルス胃がん患者家族会として昨年発足し、2015年3月13日にNPO法人として認可されました。スキルス胃がんの早期発見、治療のために、一歩ずつ確かに進んでまいりたいと思っています。
  • 特定非営利活動法人 キャンサーサポート [ホームページ]
    (代表理事 宮部治恵)
    福岡県で、医療者と患者が一緒になって未来のある子ども達へ「いのちのホームルーム」、企業や公民館などでは「キャンサーギフト出前講座」”生きる希望や勇気””命の大切さ””早期発見早期治療の大切さ”など地域一丸となって「笑うて生くばい!」で活動しています。一緒に歩いて生(行)きましょう!
  • キャンサーライフとくしま
    (代表 香留美菜)
    部位を問わず、がん患者、遺族が療養生活の思いを持ち寄り、語り合い、分かち合う場として誕生しました。より安心した社会生活へ向け活動を行っています。
  • 特定非営利活動法人キュアサルコーマ 【ホームページ】
    (理事長 大西啓之)
    希少がんである成人軟部肉腫の患者・家族に対し、医療情報や交流・勉強の場を提供するとともに、医療環境向上のための政策提言などを行う患者団体です。
  • 一般社団法人 グループ・ネクサス・ジャパン [ホームページ]
    (理事長 天野慎介)
    血液がんであるリンパ腫の患者さんやご家族に、適切な医療情報や交流の場を提供するとともに、患者さんやご家族の医療環境を向上するための調査研究や政策提言などを行う全国患者団体です。
  • 一般社団法人 高知がん患者支援推進協議会 [ホームページ]
    (理事長 安岡佑莉子)
    がん患者及びその家族又は遺族に対する相談支援を目的としています。その他、がんサロンの運営・支援、心のケアー相談員の養成などをしています。
  • 特定非営利活動法人 支えあう会「α」 [ホームページ]
    (理事長 五十嵐昭子)
    すべてのがんを対象に、がん体験者・家族・遺族・医療者等が集い、語り合い、分かちあい、学びあいながら自分らしく生きることを目指し、共に支えあう会です。連続講座、サロン、がん相談・調査活動等をしています。
  • 特定非営利活動法人 周南いのちを考える会 [ホームページ]
    (代表 前川育)
    2001年から、「地域を優しい街に」という願いで活動しています。がんやいのちについて考える講座の開催、病院内でがんの患者さんやご家族が笑顔になれるよう、そっと寄り添う「きららサロン」の運営、依頼があれば小・中・高校生に「いのちの大切さ」について講演しています。
  • 精巣腫瘍患者友の会J-TAG [ホームページ]
    (共同代表 改發厚・古谷浩)
    精巣腫瘍の患者会です。情報が少ない希少がんのため、Webサイトやメールマガジンによる情報提供およびピアサポートを主に活動しております。
  • 奈良肝臓友の会
    (会長 南口好英)
    早期検診・早期受診・早期治療、継続治療を呼びかける活動を行っています。全ての肝臓病患者、ご家族・ご遺族等を対象にした患者会です。年に3~4回医療講演会を各地で開催し、知りえた情報を「知って知らせる」活動として行っています。
  • 奈良がんピアサポートなぎの会 
    (会長 松浦博子)
    奈良県がんピアサポーター養成研修の修了者が中心になって、がん患者さんやご家族をサポートするボランティア団体です。講演会、患者サロン、会員研修会等を開催。「人」「物」「事」によるサポートに努めています。
  • 奈良県のホスピスとがん医療をすすめる会 [ホームページ]
    (会長 浦嶋偉晃)
    奈良県の全てのがん患者が、居住する地域にかかわらず利用できるホスピス・緩和ケア病床の開設を目指す運動、奈良県がん医療の向上を目指す運動、これらの運動のための勉強会や講演会の開催、会紙「すすめる会」通信の発行などの活動を行っています。
  • 特定非営利活動法人 乳がん患者友の会きらら [ホームページ]
    (理事長 中川けい)
    広島市を拠点とした乳がん患者とその家族のための、会員相互のボランティアで運営される自助グループです。フォーラム・学習会などを開催し、乳がんに関する情報を提供しています。
  • 特定非営利活動法人 ねむの樹 [ホームページ]
    (理事長 金井弘子)
    がん患者と原発性リンパ浮腫患者の患者と患者家族、遺族に対して適切な医療情報や交流の場を提供するとともに、がんに関する医療環境の向上を目指して活動しています。
  • 特定非営利活動法人 パンキャンジャパン [ホームページ]
    (理事長 眞島喜幸)
    米国の膵臓がん患者支援団体パンキャン(PanCAN)の日本支部として開設されました。膵臓がん撲滅のために①研究支援②患者支援③希望をつくるという3つのミッションを掲げて活動しています。
  • ひょうごがん患者連絡会 [ホームページ]
    (会長 去来川 節子)
    平成19年11月、兵庫県のがん対策推進計画策定にがん患者の意向を反映させる為に、兵庫県で活動する14のがん患者会及び個人と支援者が結集し、「ひょうごがん患者連絡会」を設立し活動している。現在は他府県の患者団体とも連絡を密に図り、より広く深化させた活動を目指している。
  • 非営利活動法人 ブーゲンビリア [ホームページ]
    (理事長 内田絵子)
    乳がん体験者だけでなく、非体験者にも、女性も男性も、この会に賛同する人たちに広く集まっていただき、情報交換や学習会を通して、女性の健康、医療などについて考えてゆく会です。「学び」「いやし」「国際協力」「提言活動」が会の4本柱です。
  • 特定非営利活動法人  ミーネット [ホームページ]
    (理事長 花井美紀)
    04年設立。08年より、がん体験者のピアサポーター養成に取り組み、愛知県内15のがん診療連携拠点病院で定期的に活動しています。09年より名古屋市と協働で「名古屋市がん相談情報サロン」を運営しています。会員 約500名。
  • ゆうかぎの会(離島におけるがん患者支援を考える会)
    (会長 真栄里隆代)
    沖縄県の宮古島を中心に、県内の住民や医療者、行政とも協働しながら、沖縄県の離島圏におけるがん患者や家族の支援と、がん医療の向上を目指した活動を続けています。
  • リンチ症候群患者家族会 ひまわりの会
    リンチ症候群に対する正しい知識を得て、健康管理に役立てること、患者や家族としての悩みを分かち合うことなどを目的として活動をしています。
  • 和歌山県がん患者連絡協議会
    (会長 岡本久子)
    和歌山県がん患者連絡協議会は、主として和歌山県内のがん患者団体及び患者支援団体又は個人がこの会を通じて、会員総合の連携を図り、和歌山県のがん死亡率低下に努めることを目的に活動しています。

(※)加盟団体(正会員)の中で、現時点でホームページへの掲載許諾と団体の紹介文をいただいている団体のみ掲載しています。加盟団体一覧は、順次更新してまいります。

PAGETOP
Copyright © 全国がん患者団体連合会 All Rights Reserved.