がん医療の向上と、がんになっても安心して暮らせる社会の構築に寄与することを目的とする、がん患者団体の連合体組織です。

一般社団法人全国がん患者団体連合会設立について(設立趣意書)

  • HOME »
  • »
  • 一般社団法人全国がん患者団体連合会設立について(設立趣意書)

多くのがん患者や家族の声をもとに、2006年にがん対策基本法が成立してから、まもなく10年を迎えようとしています。がん対策基本法に基づき、国ではがん対策推進基本計画、都道府県でもがん対策推進計画が策定され、がん診療連携拠点病院の整備とがん医療の向上、がん患者と家族の身体的・精神的・社会的な痛みの軽減を目指した施策が実施されてきました。

しかし、がん医療の地域格差や施設間格差が未だに存在し、重点課題として取り組まれてきた緩和ケア、化学療法や放射線療法についても更なる改善が求められています。また、新たに小児がんや若年がん対策、がん患者の就労を含めた社会的な問題、がん教育やがん研究などにおける課題も明らかとなり、がん患者や家族の視点に基づいたこれら多くの課題の改善が求められています。

「がん」と一口にいっても、その病態や治療、患者や家族の悩みや苦痛は異なる面も多く、がんの種類や地域ごとに多くのがん患者団体がそれぞれの課題の解決に向けた取り組みを行っています。一方で、がんの種類や地域を問わず、がん全体における共通した課題も存在することから、多くのがん患者団体がそれぞれ独自の取り組みを行いつつ、共通した課題の解決に向けて連携した取り組みを行うことが求められています。

この連携をどのように行うべきか、私たちは昨年より会合をもち、検討してきました。「各地のがん患者団体が情報や経験を共有し、それぞれの活動をより良いものとしていくこと」「それぞれのがん患者団体の取り組みや考えを尊重しつつ、賛同できる場合には共に連携して取り組みを行うこと」「これらの取り組みを継続かつ安定して行うために、一定の法人格をもった団体を設立すること」が必要と考えられました。

そこで、全国のがん患者団体の連合体組織として、がん患者団体の連携や活動の促進を図りつつ、がん患者と家族の治療やケア、生活における課題の解決に取り組み、がん医療の向上とがんになっても安心して暮らせる社会の構築に寄与することを目的として、非営利型の一般社団法人である全国がん患者団体連合会を設立することとなりました。

私たち設立発起人の活動や経験は十分ではなく、至らないところも多くあると思います。「がん医療の向上とがんになっても安心して暮らせる社会の構築」を実現するためには、がん対策基本法の成立から10年が経ち、国の次期がん対策推進基本計画の策定も始まる今、全国のがん患者団体による新たな取り組みが必要と考えられます。趣旨に賛同いただいたがん患者団体の皆さまの入会、並びに関係する皆さまのご理解とご支援を賜りたく、何卒よろしくお願い申し上げます。

2015年5月

設立発起人(設立時社員)

一般社団法人グループ・ネクサス・ジャパン 理事長 天野慎介
特定非営利活動法人愛媛がんサポートおれんじの会 理事長 松本陽子
特定非営利活動法人がんサポートかごしま 理事長 三好綾

PAGETOP
Copyright © 全国がん患者団体連合会 All Rights Reserved.